怖い話|都市伝説「ペコちゃん」

怖い話 都市伝説 ペコちゃん   不二屋のマスコットキャラクター「ペコちゃん」の名前の由来をご存知だろうか?実はペコちゃんという名前には悲しく怖い由来がある。という都市伝説をご紹介しよう。実はペコちゃんとは実在の人物をモデルに作られたキャラクターなんだそうだ。時は戦後間もない頃の貧しい日本にさかのぼる。 当時は食糧難で多くの日本国民は食事をまともに摂れなかったという。そんなとき、ある貧しい母子家庭の親子がいて、娘はいつも「お母さん、お腹ぺこぺこ」というのが口癖だったそうだ。ある日、母親は娘がいつも空腹な事を不憫に思い、自分の血を一滴、彼女に与えたそうだ。 最初はそれをためらっていた娘であるが、あまりの空腹に絶えられず、血を一滴なめてしまったという。翌日、母親は娘に殺められてしまった。 娘はあまりの空腹の為に母親の血をもっと飲みたくなってしまったのだった。 しかし、母亡きあと、娘も長くは生きられなかったそうだ。 その話を聞いた不二屋の創業者が「これからはお腹一杯ケーキが食べられるようにしてあげるね」と店の前に置いたのが、ぺこちゃん人形だったのだという。お腹ぺこぺこ。が口癖だったその女の子のあだ名は「ペコちゃん」。 これがペコちゃんがいつも舌を出している理由だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です