タワー・オブ・テラーの都市伝説を知ってる?

東京ディズニーシーのタワーオブテラー

2006年に東京ディズニーシーにオープンしたタワーオブテラー。このアトラクションは比較的新しい事もあり、ディズニーの都市伝説として語られる事はあまりないのであるが、実はいくつか都市伝説があるので紹介する。

タワーオブテラーは実話をもとに設計されている

偶像「シリキ・ウトゥンドゥ」ハイタワー3世など、細かい設定のタワーオブテラー。その設定の細かさが他のアトラクションと一線を画すのにお気づきだろうか?タワーオブテラーはとある実際のホテルの怪奇現象を元に作られたアトラクションという噂がある。それはヨーロッパのどこかの国の古いほてるなのであるが、その場所に合わないおかしな像が置いてあり、それが夜な夜ないたずらをしているという噂のホテル。そのホテルの話をモデルに作られたのがタワーオブテラーなのである。実際に噂の元になったホテルの家具が何点か使われているという都市伝説もある。

怪奇現象が起こるという都市伝説

そんなタワーオブテラーであるので怪奇現象の噂は絶えない。タワーオブテラーにはエレベータに載る前の通路を左に曲がらなければいけない。右には通常行く事がありえないのであるが、こっそり右へ曲がった人がいたらしい。彼はその後、行方不明になってしまった。また、タワーオブテラーにあるどこかの鏡に移る自分の姿に手を振ると、鏡の自分は手を振らない。自分の背後に幽霊が移るという都市伝説もある。>>ディズニーの都市伝説をもっと見る!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です