三億円事件のローラー作戦のターゲット

東芝府中工場の職員給与三億円が奪われた、三億円事件。

三億円事件で行われた捜査で有名なのがローラー作戦という捜査である。簡単にいうとあるエリアの住人すべてをローラーのように取り調べしていくという方法である。三億円事件発生当時は東京の多摩地区がローラー作戦のターゲットになった。

多摩地区には学生が多く住んでいて、3億円事件の真相 2で紹介したように当時、学生運動に参加していた学生をかたっぱしから捜査する事に寄与したのがこのローラー作戦だったと言われている。

捜査対象者は数十万人を超えたと言われており、その取り調べ名簿には多摩地区に住んでいた、当時高校生だった、高田純次や布施明なども含まれていたそうだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です