桃太郎が犬・猿・雉を連れて行った理由|日本昔話の都市伝説

桃太郎の都市伝説

日本昔話、「桃太郎」にまつわる都市伝説を紹介する。

桃太郎は川から流れてきた桃から生まれた少年が犬・猿・雉の3匹を連れて当時、村人を困らせていた鬼を退治しに行くという物語なのだが、なぜ、鬼を退治しに行くのに犬・猿・雉という3匹の動物を選んだのだろうか?

どうせなら、虎や馬、熊とか戦闘能力や機動性に長けている動物を連れて行けばいいようなものであるが、桃太郎が選んだのは間違いなく。犬・猿・雉の3匹であり、これには悲しい理由が存在する。

日本昔話の「桃太郎」には隠されたメッセージがある。まず、桃太郎とは何者か。から説明しなければならない。昔の日本では貧しい地域で生まれた子供を育てられない場合、間引きといって赤ちゃんのうちに処分してしまう風習があったのだ。川のある地域ではこどもを川に流すといった習慣があったそうだ。桃太郎は物語の最初、川から流れてくる。そして、彼が入っていた桃。桃という果物は子宝の象徴とされている。つまり、桃太郎は当時間引きされた子供を表しているのだ。

そして、桃太郎が仲間にした3匹の動物は実は最初から犬・猿・雉に決まっていた。3匹の名前を漢字の別の表記にする。

・犬=居ぬ(ここにいない)

・猿=去る(ここから去る)

・雉=帰じ(ここに帰ってこない)

となり、間引きされた子供を連想させるような言葉になるのだ。桃太郎の作者はあえて間引きされた子供を主人公に設定する事で人々の罪を少しでも浄化しようと考えたのだろうか。その意図はわからない。

辛く悲しい、昔話の都市伝説だった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です