フリーメイソンとイルミナリティ

1776年にアダム・ヴァイスハウプトが創設した秘密結社である。イルミナリティには当時フリーメイソンのメンバーを中心とした2000人のメンバーがいたと言われている。イルミナリティの目的は知的能力を認められた人々による、世界単一政府の創設にあった。しかし、イルミナリティの創設から10年もしないうちに組織は弾圧にあってしまう。そして、アダム・ヴァイスハウプトはフリーメイソンに加入後、フリーメイソン内にイルミナリティを創設したという都市伝説も存在する。

イルミナリティのシオン議定書などはこの時、作成や実行がなされたとされる説がある。しかし、アダム・バイスハウプトは死の直前にイルミナリティを利用し、悪評をなすり付ける裏のイルミナリティに注意しろという趣旨の言葉を残し死んだという伝説がある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です