イランとおしんの都市伝説|やりすぎコージー都市伝説

おしん都市伝説

NHKのドラマの伝説と言っても過言でないのが、橋田壽賀子ドラマの「おしん」である。主人公は貧しい農村地帯に生まれ、奉公先でいじめに合うがたくましく生きるおしん。彼女の懸命に生きる姿に感動した人は多く当時の平均視聴率は52.6%。この記録は過去最高であり、日本人の半数以上がおしんをみたいたという事になる。この都市伝説はやりすぎコージー内のコーナーで紹介された都市伝説である。

実はおしん人気は日本にとどまってはいなかった。おしんは遠くは慣れた他国イランでも放映されていた、イランではなぜかおしんが大ブレイクしたという。おしんの放映当時イランは戦争中だったが、おしんの放映時間になったら戦闘がやみ兵士たちはおしんを観ていた。という都市伝説があるほどの人気で平均視聴率は90%を超えたという。

イラン人のほとんどが日本のドラマおしんに釘づけとなったのである。伝説はココで終わらない。

イランには次の大統領にふさわしい人物の世論調査がある。イランの政治家や重要人物がランキングに名を連ねる中、なんとランキングの途中におしんがランクインしていた。実在の人物でないし、男性優位の慣習が残るイランで女性が大統領候補として支持される事は国家としてあるまじき事態であった。

なので、イラン政府はただちにおしんの放映を中止する命令を下した。しかし、平均視聴率90%のドラマおしんの放映中止に国民は黙っていなかった。おしんデモがイラン各地で起こり、一種のクーデター状態となったそうだ。

その状況を重く見た政府はおしんの放送を再開し、放送中止を命令した大臣を辞任させた。

その後も伝説は続く、イランの農村部の貧しい子供たちは識字率が低いそうだ、おしんにあやかって無料で文字の読み書きを教える学校ができたり、大学に橋田壽賀子学科という名前の学科が開設され超人気となったしたらしい。

たった1つの日本のドラマが他国の文化にまで影響したという都市伝説であった。>「やりすぎ都市伝説2013秋」で紹介された都市伝説

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です