タイムトラベラー?John Titor (ジョン・タイター)|やりすぎ都市伝説

ジョンタイター

John Titor (ジョン・タイター)をご存知だろうか、数年前、ネットで話題になったタイムトラベラーの都市伝説である。やりすぎ都市伝説でも紹介されたのでやりすぎ都市伝説放送記念にご紹介しよう。

ジョンタイターは2000年に2036年からやってきたとアメリカの巨大ネット掲示板で自称した人物の事である。ジョンタイターが言った発言などが未来の出来事と共通していたりして、ネット上では本当に未来から来たという意見と嘘だ!という意見に別れて大激論になった。

ジョンタイターは2036年までの物理学などの解説を行いタイムマシンの原理も明らかにしたという。そして始めて掲示板に現れた数ヶ月後に「任務を終えた」といい消息をたった。

彼が来た理由は彼の祖父が2036年で使われているコンピュータの開発者だったからという。「祖父がIBM5100の開発に携わっていたため」とジョンタイターは語った。IBM5100とは2036年で仕様されているコンピュータで2036年問題なる問題を抱えており、この問題がタイムトラベルしてデータをデバックする事でしか解消できないため、過去にさかのぼってきたのだと言う。

・ペルーで地震が起こる(2001年にペルー大地震が発生)

・2001年以降に新しいローマ教皇が誕生する

・2015年、ロシア、アメリカの関係が悪化。第三次世界大戦が始まる

・2017年、30億人の死者を出して世界大戦終了

・2045年、タイムマシンが一般化する

2013年9月27日にやりすぎ都市伝説 秋放送

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です