となりのトトロ都市伝説

となりのトトロ

ジブリ作品の代表といっても過言ではない名作「となりのトトロ」にまつわる都市伝説をご紹介。

途中から消える、さつきとメイの影

物語の中盤以降、さつきとメイの影は消える。リアリティを追求するジブリは光と影などのディテールにもこだわって作画を行っているはずなのだが、途中から影ができるはずのシーンであってもさつきとメイの影はないのだ。これは一体なにを意味するのだろうか?

さつきとメイは途中で命を落とした?

物語の中盤はどんな物語展開だっただろうか?メイが行方不明となり、周辺の住民やさつきたちが必死にメイを探す場面がある。そして「となりのトトロ」の物語中盤では池にメイがはいていたサンダルが浮かんでいるのを村人が発見して、みな、”もしかしてメイは・・・”となるシーンがあるが、最終的にはさつきがメイを発見してお母さんのいる七国山病院へ行って終わりとなる。

しかし、ここで疑問が湧く、なぜ、さつきとメイはお母さんの入院する病院まで行ったのにお母さんに会わなかったのだろうか?そして、お母さんは「今、さつきとメイが笑ったような気がする」と意味深な発言をした。

これらの事項から推察するとさつきは結局メイを発見できず(メイは亡くなっており)、さつきもなんらかの理由で亡くなってしまったのではないか?そう考えると物語の不可解な点に合点がつく。

となりのトトロはお父さんの書いた物語?

さつきとメイが亡くなっているという都市伝説はとても有名であるが、そのスピンオフとしてとなりのトトロの物語はお父さんが書いた物語という都市伝説も存在する。2人の娘を失った悲しみから逃れるためお父さんは埼玉の狭山に引っ越し、そこで2人の娘を主人公にした物語を描く、娘がトトロという不思議な動物に出会う話を。そうとなりのトトロはすべてお父さんの妄想だったのだ。

トトロとはなんだったのか?

となりのトトロに出てくるトトロにはモデルがある。ヨーロッパの伝説などに登場するトロールという怪物である。トトロはかわいらしく描かれているが、本当のトロールは恐ろしい怪物である。時には死神として描かれる事もある。さつきとメイはトロールの餌食になってしまったのでは?と解釈する都市伝説も存在する。>スタジオジブリの都市伝説まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です