「手紙」スーファミゲームの都市伝説

手紙 都市伝説

スーパーファミコンのゲームで「手紙」という作品があるという都市伝説。この作品は販売元不明であるゲームソフトで現在は販売されていないのだが、インターネットのどこかでデータだけは入手できるという。

「手紙」はゲームを違法コピーしまくる主人公の少年がある日、「ハルマゲドン」というなぞのゲームソフトをコピーして、そこから怪奇現象に見舞われてしまうという内容のゲーム。途中で人が何の理由も無く消えたりdat落ちがあったりしたため、呪いのゲームとして有名な都市伝説となってしまった。

インターネット上にある「手紙」を発見しても、ダウンロードしてプレイしてはいけない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です