千と千尋の神隠しの都市伝説

千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠しはジブリ映画でも興行収入で成功を収めた作品といえる。

なぜ、千と千尋の神隠しはあそこまでヒットしたのだろうか?それは今までジブリファンではなかった層まで引き込んで行くような魅力的な作品だったからに違いないのだが、心理的に人の好奇心を誘う設定が隠されていた!という都市伝説である。

千と千尋の神隠しの油屋とは一体?

千と千尋の神隠しのキーワードが「油屋」千たちが働く温泉宿のような施設で八百万の神々がつかれと汚れを落としにやってくる。

実はこの油屋に秘密が隠されていた。実は油屋とは風俗をモチーフにしているらしい。

まず、千尋が最初に油屋に言ったときに湯老婆に名前を千尋から千に変えられてしまう。これは源氏名をモチーフにしていると言われている。油屋で働いている人は湯老婆との契約で名前を与えられているのだ。

そして、お客さんの神々を注意してみてみる。彼らは実は全員男性の神様なのである。千と千尋の神隠しの劇中には女性の神様は油屋に訪れない。それはやはり千と千尋の神隠しの裏設定のせいであろう。

そして、食べ物を勝手に食べて豚にされてしまう両親と両親を助けるために油屋で働く千尋。この関係は日本の風俗で時々ある親の借金の肩代わりに働く女性の事を暗に意味しているという。メタファーというやつである。

宮崎駿自身がこの裏設定は存在すると認めたという都市伝説もある。

蛇足ではあるが千と千尋の神隠しの1時間40分頃のシーンには踏切にぽつんと立つ女の子がいる。その女の子は「火垂るの墓」の節子だという。節子は戦争が終わった後もどこかをさまよっているのかもしれない。>スタジオジブリの都市伝説まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です