キラキラネームは就職に不利?

キラキラネーム都市伝説

もうすぐ、都市伝説の女の続編が始まるという事で浮き足立っていて、気がついたら「都市伝説の女」関連の記事ばかり書いていたので、都市伝説の女とは関係のない記事を書こうと思います。

キラキラネームを持つ人は人生で不利な立場になる事が多い

キラキラネームとは名前で使用されている漢字が普通の読み方でない人を指す事が多い。特にアニメや外国人の名前、英語を無理矢理漢字に当てはめたような名前の子はキラキラネームと呼ばれている。

例えば。希星(きらら)、天響(てぃな)、火星(まあず)、緑輝(さふぁいあ)、美俺(びおれ)、恋恋愛(れんれこ)、姫凜(ぷりん)、希空(のあ)、奇跡(だいや) などといった名前はキラキラネームに属する。

このキラキラネームは賛否両論、物議をかもしだしてきたが、キラキラネームを持つ子供が成人するなどして、いろいろな都市伝説が語られ始めだした。特にキラキラネームを持つ人は不利になる系の都市伝説は多い。

キラキラネームは就職に不利?

キラキラネームの人が就職活動をするときに、その名前のせいで不採用となる事例があるそうだ。なぜかというと「お客様相手の商売の場合、顧客を混乱させるような名前を持っていると業務に支障をきたす恐れがある」からだそうだ。たしかに、言われてみれば、キラキラネームの人が取引先に新しく配属されたら一瞬戸惑うかも。。しかし、これは営業職やお客様に名前を教えないと行けない業種だけに言える事で通常は名字を使うから、よっぽどお堅い会社でない限り当てはまらないのではないかと思う。

キラキラネームは結婚に不利?

キラキラネームを持つ人は結婚するときに相手方の両親から敬遠される可能性があるそうだ。結婚すると家族ぐるみの付き合いをしなければならない為、近所の顔やメンツを気にする親を持つ相手を選んでしまうと嫌われてしまう可能性があるそうだ。特にお見合い結婚の場合、相手の印象を実際に感じる前に名前の情報が親に伝わる。この時、キラキラネームだと候補から除外されてしまう事があるそうだ。これは親の価値観によるので、一概には言えないが就職に不利な理由と同じく古風な家の人と結婚するときには起きそうな問題である。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です