都市伝説

【都市伝説】嘘から生まれた放送業界のしきたり

こんばんは。都市伝説JAPANです。今日紹介する都市伝説は「嘘から生まれた放送業界のしきたり」です。
 
みなさんもドラマやアニメの冒頭で下記のようなテロップをみたことがあるでしょう。
 
「この物語はフィクションです。登場する人物、団体は架空です」
 
なぜ、このテロップが流れるようになったのでしょうか?そのルーツには意外な都市伝説が隠されていました。
 
子供向け番組「超人バロム・1」という番組がありました。仮面ライダーのような特撮モノで
 
バロムが敵を倒していくストーリーで、悪の親玉がドルゲという怪人を送り込んでくるという設定です。
 
番組はそこそこ人気になったのですが、ある日制作会社に手紙がきました。
 
「私は八王子で開業医をしているドルゲという者なのですが、息子が小学校で怪人ドルゲと
 
同じ名前だということでいじめにあっています。私は八王子で開業して10年以上医師をやっており、
 
日本のことも大好きなので、この地を離れたくありませんが、息子がこのままいじめにあうのであれば、
 
故郷のドイツへ帰らなければなりません。」
 
手紙を読んだ制作会社の人はテロップで「実在する人物とは関係ありません」というテロップを
 
はじめて作ったのでした。それがルーツとなりドラマやアニメでは実在の人物に配慮して
 
テロップを流すようになりました。
 
しかし、後日ある驚愕の事実が判明しました。
 
テロップのルーツとなったドルゲ医師はどんな人だったのかをテーマにしたテレビ番組が
 
八王子へ取材に行きました。しかし、八王子の住人に聞いてもドルゲ医師という人物は八王子には
 
いないことがわかったのです。周辺の市にも調査を広げましたが、結局見つからず。
 
結論、超人バロムへ送られた手紙は偽物だったことがわかったのでした。
 
さらに、ドイツに詳しい専門家に聞くと、ドルゲという名前はドイツにいることはいるが、
 
非常に少なく、その専門家自身、実際にドルゲさんという名前の人にはあったことがないそうです。
 
嘘から生まれた放送業界の慣習。この都市伝説。信じるか信じないかはアナタ次第です。