ビットコイン仮想通貨の都市伝説

【やりすぎ都市伝説】仮想通貨にまつわる都市伝説

こんばんは。都市伝説Japanです。今日はフィンテックにまつわる都市伝説をお話します。
 

フィンテックとは?

フィンテックとは金融を意味するフィナンシャルとテクノロジーの造語でAIによる資産運用やデジタル上での帳簿の管理などがそれに当たります。そのフィンテックの中でも最近話題なのがビットコインを代表する「暗号通貨」2017年には1枚のビットコインが240万円にまで急騰するなど、その人気は計り知れません。世界中の銀行は実は暗号通貨を使って大きくビジネスを転換しようとしています。
 
そもそもお金の価値とはなんなのか?というと「その国の信用」です。しかし、日本と北朝鮮の関係が悪化すれば円の価値が急落するなど、その国の政治情勢なので価値が変動することが問題なのです。しかし、ビットコインなどの世界共通のお金がフィンテックによって運用されれば、価値が暴落する危険は避けられます。しかもお金の現物がなければ銀行強盗などの犯罪もなくなるのです。そのため今の世界は暗号通貨をどうやって使っていくかに注目しているのです。

  

キャッシュレス化

そしてフィンテックで取り上げなければ行けないのが、キャッシュレス化です。円やドルなどの法定通貨を使いますが、お店にお金を持っていく必要はありません。アメリカで始まった新しいAmazonのサービスでは無人の実店舗で商品を購入することができます。
 
お客さんがどの商品を手にとったかを店舗内のカメラの画像認識システムで計測してトラッキングシステムが最終的にお客さんがどの商品を持って出ていったかを計測して自動的に決済をするこができます。
 
暗号通貨と同じようにこの手法も物理的なお金を必要としないことから犯罪抑止になったり、店員さんの人件費の削減に繋がりよりよい商品を安く届けることができるようになると注目されています。この暗号通貨とキャッシュレス化に向かって世界の流れは進んで知るのです。
  

人体埋め込みチップ

そしてフィンテックにより驚くべき流れがあります。それが「人体埋込み型チップ」による決済です。フィンテックが進んでいるスウェーデンでは、人の手に小型のチップを埋め込む実験が始まっています。電車に乗車する時に改札でチップをかざし、降りる時にもう一度改札で手をかざす。これだけです。
 
人体に埋め込まれたチップの情報を読み取り、乗車区間の料金が自動的に銀行口座から引かれます。実際に関暁夫がマイクロチップの開発者のもとを訪ねたときの話です。マイクロチップの研究者の人は米粒大の人体に埋め込むマイクロチップの開発に成功していました。
 
用途を尋ねると、「ドアなどを開けるセキュリティ用のマイクロチップ」、「自動で電車の運賃などが払えるマイクロチップ」、「ビットコインなどの暗号通貨の利用に使えるマイクロチップ」などすでに暗号通貨を使ったマイクロチップの開発が進んでいると話していました。つまり将来的にはお財布は持たないで世界中の人たちが人体にマイクロチップを埋め込み、暗号通貨を使って生活する時代がくるのかもしれません。
  
どうでしたでしょうか?今日は暗号通貨をはじめとするフィンテックにまつわる都市伝説をご紹介しました。