【やりすぎ都市伝説】フェイクニュースの元祖になった意外な映画の都市伝説

やりすぎ都市伝説で紹介された。映画にまつわる都市伝説をご紹介します。

世界的に有名なハリウッドの映画俳優トム・クルーズ。彼はアクション映画に多く出演していることで有名である映画では飛び立つ飛行機に捕まって1500メートル上空まで離陸するという体当たりのアクションにもチャレンジしています。そのトムハンクス主演の映画で有名なのがマッドマックス。マンガ『北斗の拳』のモデルになったとも言われるド派手なカーアクションで有名な映画です。その映画にあるいわくつきのシーンがあります。

スクリーンショット 2017 11 23 14 27 45

それが上の画像のシーンなのですが、スタントマンを使ったバイクのクラッシュシーンでバイクの運転手が転倒した後に後方からきたバイクに後頭部を強打してしまうシーンが映画に収められているのです!そして、当時の映画のパンフレットにはこの不運の事故でスタントマンは死亡した。と書かれていたことでマッドマックスはいちやく有名になりました。死人が出た映画の映像をそのまま流した映画としてある種のいわくつきの映画として話題になり、大ヒットを収めたのでした。

しかし、マッドマックス公開から数十年が経ちひとつの事実があきあらかになりました。それは「実はスタントマンは事故死していなかった。それどころか傷一つ追っていなかった」。という事実でした。スタントマンが事故死したという情報は映画に泊をつけるために制作サイドがウソで書いた情報でしたが、話題が大きくなりすぎて、否定できなくなってしまったのでした。今で言うところのフェイクニュースと言えましょう。

現代も、数十年むかしも人が面白おかしく偽物のニュースを流布するのことはあったようです。そもそも都市伝説がうそかホントかわからないような話をあつかっているので、都市伝説JAPANもやりすぎ都市伝説もフェイクニュースみたいなモノですが(笑)そこはご愛嬌。今日は「【やりすぎ都市伝説】フェイクニュースの元祖になった意外な映画の都市伝説」という都市伝説をお送りしました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です