崖の上のポニョの都市伝説

崖の上のポニョ

崖の上のポニョで噂される都市伝説をご紹介。

崖の上のポニョは実は途中から死後の世界を描いていると言われている。

崖の上のポニョが死後の世界である理由

・津波で水没した街の描写で水が全く濁っていない。通常、街がそのまま水に水没したらがれきなどが舞い上がり水は濁って視界はほとんどなくなるという。

・意味深な感じで「船の墓場ですよ、きっと。あの世の入り口が開いたんですよきっと」と発言した船の船長。

・巨大なグランマーレが通過したのをみた人が発した、「船の墓場ですよ、きっと。あの世の入り口が開いたんですよきっと」と発言は不可解。

・歩けないはずのおばあちゃんがなぜか歩けるようになっている。

・トンネルを通ろうとしたポニョが魚に戻って行く→別の世界と繋がるトンネル?

作曲家の意味深な発言

ジブリ作品の作曲で知られる久石譲も意味深な発言をしている。

「死後の世界、輪廻(りんね)、魂の不滅など哲学的なテーマを投げかけている。でも、子供の目からは、冒険物語の一部として、自然に受け入れられる。この二重構造をどう音楽で表現するか。そこからが大変でした」

これは崖の上のポニョが死後の世界を描いている事を案に意味しているのではないだろうか?

崖の上のポニョの物語と”3”という数字

崖の上のポニョには”3”という数字が頻繁に現れる。

・ポニョの睡眠回数が3回
・グランマンマーレの3つの質問に対して、宗介がする3回の回答。
・リサカーのナンバープレートが”333”

3という数字はどんな意味を持っているのだろうか?

実は3という数字は霊魂を意味する数字だそうだ。細かいところにも死を意味する設定が隠されているのはやはり。。。崖の上のポニョの都市伝説は信憑性があると思いませんか?>スタジオジブリの都市伝説まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です