【怖い話】寒い家【サンドイッチマン伊達】

スクリーンショット 2017 03 26 10 41 42

サンドイッチマンの伊達がテレビで語った怖い話。

サンドイッチマン伊達の相方、富澤は実は霊感があるそうです。一時期同じ家に住んでいた伊達と富澤でしたが、伊達は奇妙な光景を何回も目撃したといいます。

ある日、ふたりでゲームをしていた時の話です。伊達がふと富澤のコーヒーカップを見ると何も触れていないのにコーヒーカップのマドラーがクルクルと回っていたといいます。驚いた伊達が富澤にそのことを言うと富澤は驚きもせず、「ああ、それね幽霊が回してくれてるの」と言ったといいます。

そんな家に友達が来たときの話です。伊達たちは慣れてしまって気が付きませんでしたが、その家は異様に寒かったそうです。友達たちは「この家おかしいよ、寒すぎる!絶対に幽霊がいるよ!」と言いました。すると、その瞬間、伊達のケータイにメッセージが入り、「いるよ」と一言書いてありました。

「なんだよ”いるよ”って、しかもこのタイミング!」差出人は伊達や仲間の共通の知合いでした。すぐに電話して「さっきのメッセージなに?」と質問しましたが、その友人はメッセージなんて送ってないと一点張りです。後日、送信履歴をみせてもらいましたが、友人のケータイにはメッセージを送信した痕跡はなかったといいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です