【怖い話】もう死なないで「じゅんいちくん」【島田秀平】

スクリーンショット 2017 03 25 13 01 31

タレントお笑い芸人の島田秀平さんが語った怖い話です。

トンネルとは霊を引き寄せてしまう場所なんでしょうか。心霊スポットや怖い話の舞台としてトンネルが登場することは珍しくありません。今日紹介する怖い話は静岡にあるトンネルにまつわる不思議なお話です。

そのトンネルの真ん中あたりでしょうか。ひとつの手作り看板があります。その看板には、

「もう死なないでじゅんいちくん」

と書かれています。一体どういう意味なんでしょうか。

実は、昔このトンネルで当時高校生だったじゅんいちくんという子がバイク事故を起こして亡くなってしまったんだそうです。

しかし、なぜ看板?しかも「もう死なないで」とは?謎は深まるばかりです。

じゅんいちくんが亡くなったあと、同じトンネルで何人もバイクのライダーが事故を起こしたそうです。

しかも皆、名前は「じゅんいち」だったそうです。偶然でしょうか? いたたまれなくなった遺族はこのトンネルのじゅんいちくんが亡くなった当たりに手作りで「もう死なないでじゅんいちくん」という看板を立てました。

すると、それっきりバイク事故は起こらなくなったそうです。ひとりで死んでいったじゅんいちくんの亡霊がライダーを事故に導いていたのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です