カラスの死骸は見つからない

091114karasu2

街中にカラスはたくさんいるが、あなたはカラスの死骸を見つけた事はあるだろうだろうか。あまりないのではないだろうか、今日はカラスの死骸は見つからないという都市伝説を紹介しよう。カラスは神秘に包まれた生き物のような気がする、彼らはとても頭のいい鳥で人間の捨てたゴミの中においしいえさがいっぱいある事を知っているので、ゴミをあさっている。人間に取ってはその姿からカラスは忌み嫌われているが他の鳥はそんな事をしない。カラスだけ特別に頭が良いのである。

日本中どの地域でもカラスはたくさんいるが、彼らの死骸はあまり目にする事はない。保健所が片付けているのかもしれないが、それにしてもカラスの死骸の少なさは異常に少ないように思う。

カラスは死ぬ時にどうするのか。

・死ぬ間際、カラスは自然発火して消滅してしまう、なのでカラスの死骸はみつからない。

・死ぬ間際、カラスは異次元の世界へ消えてしまう、なのでカラスの死骸はみつからない。

こんな都市伝説がちまたで語られている。カラスの神秘的なイメージからカラスは死ぬときに不思議な力で消えてしまうという説である。

そして、別の説ではカラスは死ぬ間際、自分自身の死期がわかるので、生まれたところや山や森へいって誰にも見つからないような場所で死ぬという説もある。

どれを信じるかはあなた次第である。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です