人間はブタから進化した【都市伝説】

331111view002

ブタは食肉用の動物として広く世界中で飼われている。ブタの肌は人間と似ていて肌色をしている。今日はそのブタにまつわる都市伝説を紹介しよう。

ヒトは、猿が進化して猿人類となり現代人の姿になったというのが一般的な生物学の説である。しかし、最近こんな都市伝説が噂されるようになった。

それは、ヒトは猿が単独で進化したのではなく、猿とブタの交雑種がヒトとして進化したのだ。という都市伝説。

交雑種というのは違う種類の動物同士が子孫を残すことである。有名な例ではライガーというライオンとトラの子孫が確認されている。違う種類にも関わらず、こどもは健康上まったく問題なく生活しているのだ。

つまり、生物学的には違う種類の動物が子孫を残すことは可能。そして、興味深い研究データが発表された。ルーヴェン大学の分析化学者エヴァ・カイパーズ率いる研究チームが人間の腐敗臭を研究した結果。それに一番近い腐敗臭を出す動物のデータが判明した。それはチンパンジーなどの霊長類ではなかった。

人に最も近い腐敗臭を出す動物。それはブタだったのである。

遠い存在と認識されているブタがなぜ、人間と共通点を持っているのだろうか。それは人間の一部にブタの遺伝子の名残りがあるからとしか説明ができない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です