【意味がわかると怖い都市伝説】「幸せの絶頂で見る夢」

001

ある商社勤務のサラリーマンの男の都市伝説。

俺は商社に務めるサラリーマンなのだが、人生には満足している。

今まで多くの失敗もあったが今では会社でもそれなりの地位で給料も高い。

もうすぐ結婚する彼女は上司の娘なんだが、かなり綺麗だし

何より俺に惚れている。動物好きで母性本能にあふれる人だ。

こんな俺でも育った家庭は最悪だった。両親はお金がなく、自殺。

俺は親戚の家に預けられたりしたが、居づらくなって家出してホームレスみたいな

生活をしたこともあったっけ? それも今では遠い昔の話だ。

結婚式も間近に迫ったある日俺はまたあの夢をみた。

頻繁に見る夢なんだが、憂鬱なこの夢。

俺は常に空腹で腹の虫が鳴り続けている。

寝床にしているダンボールから起き上がり、体中がかゆい。

面倒だけれども、今日も食べ物を探しにゴミ箱をあさらなくてはいけない。

ああ、はやく現実に戻りたい。

【解説】:

実はこの男が夢と思っているのが、現実であり。幸せな自分像が夢なのである。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です