ジャニーズのオーディションにまつわる都市伝説

02

アイドル事務所の元祖ともいうべきなのが、「ジャニーズ事務所」。

ジャニーズに入るためにはみんなオーディションを受けなければならない。アイドルとしての適性を見るオーディションは1日かけて行われる。

ジャニーズ事務所の長、ジャニー喜多川氏はこのオーディションの時にはかならず一番最初にオーディション会場に入るのだという。なぜか?

その謎を解き明かすためにあるオーディションのエピソードを紹介しよう。

100名以上の芸能人のたまご達が集まるジャニーズのオーディション。会場は異様な雰囲気を醸し出している。

会場に入った候補者たちが廊下を歩いていると清掃員のおじさんが掃除をしている。大抵のジャニーズ候補たちはおじさんの横を素通り。あいさつもまともにしない。ひどい候補者の子だと「おじさん!これ!」なんて言って、ガムの紙をぽいっと捨てる。清掃員のおじさんは黙って、ガムの紙を拾い上げた。

オーディションが始まると冒頭のあいさつでかならずジャニー喜多川が出てくる。その瞬間、ガムの紙を清掃員のおじさんの前で捨てた子はうつむいてしまった。

そう、清掃員の格好をしていたおじさんこそが、ジャニー喜多川だったのである。

その子はあえなく不合格になる。ジャニーズは外っ面のよさやアイドルとしてのスキル以上にその人の素行や人柄を重要視するのである。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です