「最近の刑事ドラマが迫力にかける理由」都市伝説

刑事ドラマ

数あるテレビドラマの中でも安定的な人気を持つジャンルが「刑事モノ」のドラマ。刑事の主人公が難事件を解決する内容のドラマや人間模様を中心に描かれたヒューマニズムをテーマにしたドラマなど幅広いが、刑事モノドラマの特徴といえばアクションシーン。

凶悪な犯罪を犯してしまう犯人や、犯罪に挑む刑事は時に犯人と格闘したりするシーンは刑事モノドラマには欠かせない要素となっている。しかし、「最近の刑事モノドラマは迫力に欠ける」という都市伝説が流れている。その理由はスポンサーの縛り。

例えば、お酒のメーカーがスポンサーについていたら「酒によった犯人が犯罪をする」みたいな描写はタブーになるし、車メーカーがスポンサーについていたら犯人の車はスポンサーの会社の車を絶対に使えない。その会社の車が事故を起こすなんて描写も描けない。過去にスポンサーについてくれた会社にも気を使わなければならない。

このような感じでドラマに規制がかかることで「年々、刑事モノドラマの迫力が無くなっているのだという」。

人は車両提供とは違うメーカーの車に乗ると言われており「西部警察」は車両提供が日産で、犯人はトヨタなど他メーカー。他にも「太陽にほえろ!」と「Gメン’75」は車両提供がトヨタであったが、それぞれ犯人は車両提供とは違うメーカーの車に乗っていたと言われている。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です