「脱獄囚」都市伝説

脱獄囚

「大変凶悪な犯人が◯◯刑務所から脱獄しました。周辺にお住まいの方は戸締まりに気をつけてください」

カップルが山道をドライブをしていると、ラジオから緊急ニュースが流れた。◯◯刑務所は彼らが今、車で走っている山のすぐそばにある刑務所ではないか。

そんな時に限って運悪く、車のエンジントラブルで車が動かなくなってしまった。時間は夜遅く、車が通る気配はない。しかも、さらに運が悪いことにケータイ電話の電波も圏外である。

彼氏は意を決して1番近くのガソリンスタンドから助けを呼んでくると言って出て行った。彼女は不安がったが車をロックしておけば大丈夫といって彼は出て行った。

しかし、車の中で待てど暮らせど彼氏は帰ってこない。車から出て助けを求めに行こうかとも思ったが、彼氏が車の中にいれば大丈夫と言ったのを思い出して思いとどまった。恐怖の中彼女の耳に不可思議な音が聞こえた。

ズリッ・・・ズリッ・・・ズリッ・・・ズリッズリッズリッ・・・

不定期に何かを引きずるような音が聞こえる。彼女は恐怖に怯えたが、車で朝がくるのを待った。やがて夜が明けて警察のパトカーが車の前に止まって2人の警官が現れた。

彼女は「助かった!」と思いすぐに車から出て、パトカーの方に走っていった。警察官は彼女に向かって叫んだ。

「ゆっくりこちらに来てください。うしろは決して振り向かないで!」

彼女は警察官がなぜそんなことをいうのか不思議だったが振り向かずパトカーの方へ歩いて行った。しかし、もう少しでパトカーというところで彼女は怖いもの見たさの心で後ろを振り返ってしまった。

そこには車の上の木の枝に首を吊られた彼氏の死体がぶら下がっていた。彼氏は脱獄囚に殺害されてしまったのだった。

彼女が夜、恐怖に耐えかねて外に出ていたら彼氏と一緒にこの世にはいなかったかもしれない・・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です