「こいとさん」都市伝説

こいとさん

2回見た人は死んでしまう「こいとさん」という都市伝説をご存知だろうか。

ある条件を満たすとその人は健康であっても死んでしまうという類の都市伝説はよく存在する。「こいとさん」の話もそのひとつである。こいとさんは人生で2回まで見ることができるという。つまり2回目にこいとさんが現れた時はあなたが死んでしまう時だ。

なので、肝心なのは、こいとさんの出現1回目をいかに遅くすることができるかだ。
こいとさんが現れる前兆はいくつかあるといわれている。

・自分の小銭入れから5円玉がなくなる。1円でも10円でもありません。5円玉です。
・この2カ月以内にペットが死んだとき。
・知らぬ間に、左薬指に針でついたような穴があき、血がにじんでいるとき。

とくに「左薬指に針で突いたような穴が空いている」という3つめの条件下に置かれた時はこいとさんがすぐ近くまで来ている証拠というから気をつけた方がいい。こいとさんが現れるのを防ぐ方法もある。それは「できるだけ誰かと一緒にいること」。こいとさんは非常に警戒心が強く対象者がひとりになった時しか現れない。

なのでトイレでも家でも帰宅途中でも、ひとりきりになる時間をできるだけ減らすことがこいとさんの出現を妨げる有効手段なのだ。
今、あなたの薬指には針で突いたような傷がないだろうか・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です