韓国で「設定変更されたキャプテン翼」都市伝説

キャプテン翼

今でも人気あるサッカー少年漫画の先走りといえば「キャプテン翼」である。今日はキャプテン翼にまつわる都市伝説を紹介しよう。「キャプテン翼」は日本で人気があるのはもちろんだが、海外でも人気が高い作品だ。数か国でアニメ化もされている。内容はオリジナルと同じでセリフだけがその国の言語に吹き替えられる。しかし、韓国だけはキャプテン翼の設定がまるっと変わってしまっているという。

その理由はFIFAランキングで韓国より格下にいる日本の選手がサッカーで優秀なはずがない。ということだそうだ。

主人公は翼くんではなく「ナルゲ」という少年に設定変更されてしまい、タイトルは「キャプテン・ナルゲ」になる。そして、翼くんの出身地は静岡県だが、「キャプテンナルゲ」ではナルゲの出身地は韓国のチョンジュ市という場所に書き換えられてしまった。

キャプテンナルゲの番組HPを観に行くと、視聴者へのメッセージとして、
「キャプテンナルゲは全128話の長編アニメーション作品で主人公のハン・ナルゲが韓国をワールドカップ優勝へ導く姿を描きました。
と書かれている。

FIFAランキングのところはリアリティを重視したのに、最後は一度も成し得たことのないワールドカップ韓国優勝を描いてしまうという矛盾にみちた設定変更だ・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です