「テカムセの呪い」都市伝説

テカムセの呪い

アメリカ大統領は20年周期で何らかの不幸に巻き込まれるという都市伝説が「テカムセの呪い」。

開拓前にアメリカ大陸に住んでいたネイティブアメリカンの部族の領土を白人に奪われ、1811年にティピカヌーの戦いでウィリアム・ハリソンに殺されたインディアン部族、ショーニー族の酋長テカムセ (あるいは予言者であった彼の兄弟テンスクワタワ)によるものとされる。

テカムセの呪いとされる事件は、9代大統領のウイリアム・ハンセンが肺炎で亡くなった時から続いている。

・第9代大統領ウィリアム・ハリソン(1840年選出)は、就任30日にして肺炎で死亡している。
・第16代大統領エイブラハム・リンカーン(1860年選出)は、南北戦争終結直後の1865年4月、観劇中に暗殺されている。

・第20代大統領ジェームズ・ガーフィールド(1880年選出)は、母校の25周年同窓会に出席した際、政治的論功行賞をめぐって対立していた弁護士の凶弾に倒れている。
・第25代大統領ウィリアム・マッキンリー(1900年選出)は、ニューヨーク州バッファローで開かれたパンアメリカン博覧会会場で、ユートピア無政府主義者によって暗殺されている。
・第29代大統領ウォーレン・ハーディング(1920年選出)は、1923年の夏、遊説中に心臓発作を起こし、8月2日に脳溢血を併発して死亡している。
・第32代大統領フランクリン・ルーズべルト(1940年選出)は、第2次世界大戦末の1945年、日本攻撃に対するソ連の支持を取りつけて帰米、ポリオで衰弱した体に鞭打ちながら、サンフランシスコで行なう演説の草稿をチェックしているうちに脳溢血で倒れ、死去。
・第35代大統領J・F・ケネディ(1960年選出)は、テキサス州ダラスで頭に銃撃をうけて死亡している。

これらの悲劇をアメリカではネイティブ・アメリカン「テコムサの呪い」と呼びおそれているという。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です