「スミソニアン博物館が隠す巨人族」都市伝説

スミソニアン博物館巨人族

2014年12月にアメリカ合衆国の連邦最高裁判所が驚くべき判決を下した。それは、
スミソニアン博物館が隠匿する「巨人族」にまつわる資料をすべて公開するという内容だった。

1900年代にスミソニアン博物館はアメリカ各地で巨人族の骨の発掘に力をいれていた事実がある。
1912年には「ニューヨーク・タイムズ」紙で巨人族の発見のニュースが報道されており、アイオワ州、イリノイ州、ケンタッキー州などで発見されていると書かれている。アメリカの巨人族研究家のセセリア・ホールがグーグル・アースの地図上に巨人族が発見された地点にピンを置いていったところその箇所は1000を超えたという都市伝説もある。

そこまで証拠がたくさん出ているにも関わらず1950年から後は巨人族にまつわるニュースは一切報じられなくなり、スミソニアン博物館の巨人族にまつわる資料も姿を消してしまう。巨人族にまつわる謎があきらかになるにつれ、知られてはいけない事実が見つかってしまったのだろうか。なぜ巨人族の情報が社会から抹消されたのかはいまだ謎に包まれている。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です