極地に出現する謎の生物「ニンゲン・ヒトガタ」都市伝説

ヒトガタ

「ニンゲン」「ヒトガタ」は北極と南極に出現すると言われている体調数十メートルの謎の海洋生物である。体色は真っ白で夜行性の性質なのか夜に目撃例が集中している。つるつるとした体皮を持ち魚類のように水中を泳ぎまわるが手足がついている。正体は不明でいわゆる謎の生物、UMAの一種である。

南極に出現するものをニンゲン。

北極に出現するものをヒトガタと呼ぶ。

写真を撮ろうとしても暗闇にまぎれていることやすばやいので画像に収めるのは困難で「ニンゲン」「ヒトガタ」の画像としてネットに出回っている物のほとんどは「ニンゲン」「ヒトガタ」の証言を元に作成されたコラージュ写真である。

グーグルマップの航空写真で「座標 27°36’14″S/15°29’20″E」を見ると、このヒトガタらしきものが写っているという噂。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です