スーパーコンピューターが予言する世界滅亡シミュレーション

スーパーコンピューターは世界各国で激しい開発競争がされている。

日本がほこるスーパーコンピューター京は1秒間に1京回の計算が

できることから京という名前がつけられたと言われている。

その数字はぼくたちにはピンとこない神の領域の数字に思える。

スーパーコンピューターはその超高度な計算能力を利用して、

あらゆるシミュレーションをするんだそうで、世界の気候の

未来予測を世界各国のスーパーコンピューターが別々にしている

んだそうだ。ここで不思議なことが起こる。

スーパーコンピューターの予測といえど、性能が違うので、

各国それぞれ出てくるデータは多少異なる。

ある国のスーパーコンピューターは5年後のCO2濃度が+10%

と予測するし、別の国は+1%にとどまると予測するといった

感じである。

しかし、各国すべてのコンピューターが弾き出す結果で

唯一共通している結論がある。

それは、ある年を境に世界の平均気温が100度を突破する。

ということ。しかも前年度比+75度という一見、ありえない

シミュレーションを弾き出しているんだそうだ。

もちろん科学者たちも「この結果はマシンエラーだ」というが、

さすがに複数のスーパーコンピューターが同じ結論を出している

ときみが悪い。

「神がスーパーコンピューターを通じて、人類に警告している」

という人もいる。

この内容は世界のひとびとを混乱させないために公式には

発表されることはないんだそうだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です