アナと雪の女王に隠された秘密 感動コードの都市伝説|やりすぎ都市伝説2015

やりすぎ都市伝説で紹介された都市伝説。

アナと雪の女王はすべてのディズニー映画の中で一番ヒットした作品である。

特にファンの印象に残っているのが主題歌の『ありのままで』ではないだろうか。

実はありのままでLet it go を直訳するとほっといてという意味になる。気を利かせた通訳が意訳をしたのだ。

ありのままでを英語訳すると『Let it be』になる。誰もが知るビートルズの名曲である。

実は『Let it go』と『Let it be』にはある共通点がある。それは音楽コードの進行が

C G Am F

なのである。このコードは感動コードと呼ばれており、このコードを使って曲を作ると

後世にまで残る名曲になるという都市伝説がある。

そして、この感動コードと名曲にはさらにある秘密が隠されていた。

日本でよく知られている感動コードの名曲といえば『なごり雪』や『大きな古時計』などである。

これらの名曲に隠された共通点がある。それはかならず別れとセットになっているということである。

なごり雪は恋人との別れ

大きな古時計はおじいさんとの別れ

Let it goは過去の自分との別れ

そして、Let it beはビートルズの解散前の最後の曲、つまりビートルズとの別れを意味していた。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です