アメリカから日本の誇りを守った男|やりすぎ都市伝説2015

やりすぎ都市伝説で紹介された都市伝説をご紹介。

戦後間も無く、GHQは日本の2度と戦争できない国にしようとしていた。日本の軍国主義的な要素をすべて無くそうとしていたGHQは日本の将棋に目をつけた。

将棋は戦略を扱うボードゲームで将棋は戦争の戦略を考える能力を養うきっかけになっているのではないか。GHQはそう考えたようだ。

この方針に気がついた日本の将棋会は震え上がった。そして間も無く、GHQと日本将棋会の代表が話し合いを持つ場が開かれる。

日本の代表に選ばれたのは将棋会の伝説の名人、升田幸三であった。

升田幸三とは羽生名人が歴史上最も対戦したい相手として名前を挙げたほどの名人である。

そしてGHQ側の代表はGHQの実質No.2マッカーサーの右腕とも言われた、ホイットニー将軍だった。

ホイットニー将軍は日本国憲法の草案も作ったほどの相当な切れ者であった。

ホイットニー将軍と升田名人との議論が始まった。

「升田、将棋は相手の駒を自分のものにして、戦わせるらしいな。これは戦争でいうところの捕虜の虐待にあたる。将棋は日本からなくすべきだ。」

ホイットニーからの言葉に升田はこたえる

「なんということを。取った相手の駒を自分の駒として使うということは優秀な人材に活躍の場を与えているということだ。しかも金は金、飛車は飛車とそれぞれ的確なポストを与えている。これ以上に人道的なことはあるだろうか? それに比べてチェスはどうだ?取った駒を使いもせずに捨てるだろう、これは戦争でいうところの捕虜の虐殺だ!」

ホイットニーがさらに反論する

「升田、我々は情報を掴んでいる、戦時中に将棋の名人が日本の軍部に戦術の指導をしていたらしいな、やはり将棋は日本を戦争に駆り立てるきっかけになっているじゃないか!」

升田は怯んでしまう。なぜならこの情報は事実だったからだ。しかし、升田は

」「俺もその情報は知っている、しかしその将棋の名人が軍部を指導してたからおまえらは戦争に勝てたんだぞ、もし俺が指導していたらおまえらは負けてた!将棋とその名人に感謝するんだな!」

大胆な論理のすり替えだったが、ホイットニーは反論できなかった。そこから升田は将棋の素晴らしさを解き、ホイットニーに説教をして帰ったそうだ。

結果は升田の勝ちだった。彼は日本の将棋をアメリカ GHQから守ったのだった。

しかも、その説教が功をそうしたのか、当時東京裁判で全員処刑されると思われていた日本政府の幹部たちの一部が解放された、まさに「取った駒に働き場所を与えた」のだった。その釈放された人物の中に岸信介という人物がいた。彼はのちの内閣総理大臣になった男だ。そして彼の孫は今の内閣総理大臣安倍晋三である。

つまりあの時升田がGHQで議論に負けていたら、将棋が日本からなくなっていただけではなく、日本の未来すら変えてしまっていたかもしれない。そして、その事実を知ってか知らずか安部総理は日本の学校教育に将棋を導入することに熱心だし、将棋の電脳戦の開会式にも安部首相は出席しているのである。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です