ドランゴンボールGTのタイトルの意味

人気漫画のドラゴンボールは海外でも人気が出たほどのアニメとしても有名である。

日本では「ドラゴンボール」、「ドラゴンボールZ」、「ドラゴンボールGT」と3シリーズがテレビ放映されていた。

「ドラゴンボール」は原作のタイトル通りなのであるが、「ドラゴンボールZ」は原作と異なるタイトルである。ではZとはどういう意味で付けられたタイトルだったのか?

Zはアルファベットの最後の文字である。つまりドラゴンボールはZで完結するという意味をこめてドラゴンボールZと命名されたのである。しかし、ドラゴンボールはZで終わらずに「ドラゴンボールGT」が放映されている。

原作者の鳥山明はドラゴンボールZまでの話で完結させているので、本当にドラゴンボールをZまでのストーリーで完結させたかったのだが、テレビ局がドラゴンボールのあまりの人気に完結させるのをしぶり、原作者の意向とは別に無理矢理テレビ放映してしまったのだという。

しかし、強行突破するのにも原作者を完全無視するわけにも行かず、タイトルで謝罪する事にした。それが「ドラゴンボールGT」のGTである。

GTとは「G=ごめんなさ、T=鳥山先生」の意味なのだそうだ。

この都市伝説は結構有名なのだが、実は本当ではない。

GTの意味は「Grand tourling=壮大な旅」の意味で原作者の鳥山明さん自身が命名したという。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です