ダイヤモンド都市伝説

資産価値として考えられるほど、非常に高価な宝石ダイヤモンド。ダイヤモンドを所有することは富裕層の証です。 

ダイヤモンドが高価である理由はその希少性です。原産国は限られていて採掘可能な埋蔵量も非常に少ないためダイヤモンドの価値は高いのです。

しかし、海外の都市伝説には上にあるようなダイヤモンドの価値を担保する常識を覆してしまうような話が出回っています。なんと南アフリカのある国で超大量のダイヤモンドの埋蔵が確認されたというのです。

その埋蔵量は、推定でも1兆カラット。金額に換算することすら億劫になる、とんでもない量のダイヤモンドが見つかったというのだから、これが事実なら驚き以外の何者でもありません。 

ダイヤモンドを所有している方はダイヤモンドの価値が下がってしまうのではないかと心配になるかもしれません。しかし、その心配は必要ありません。ダイヤモンドの金銭価値は変わらないのです。

なぜならば、ダイヤモンドの生産管理は某国によって牛耳られており全世界のダイヤモンドの価値が変わらないように徹底的に管理・調整されているからです。 

某国とは当然、アフリカ大陸にあるような発展途上国ではない。誰もが知るあの大国です。 これからも、やはりダイヤモンドは庶民にとって高嶺の花の宝石であり続けるということなのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です