【都市伝説】芸能人たちの臨死体験

芸能人にまつわる都市伝説を紹介しよう。芸能界には生死の境をさまよった芸能人が少なくない、ゆえに芸能人が味わったという臨死体験の都市伝説は多く存在する。

ビートたけしの臨死体験

1994年、芸能界の巨匠ビートたけしはバイク事故を起こしている、顔面を強打する事故であり一歩間違えれば死んでいたという。その事故発生後、生死の堺を彷徨うビートたけしは親友の逸見政孝さんと再会してメッセージを受け取ったと言われている。

GACKTの臨死体験

ロックミュージシャンのGACKTは幼いころ海で溺れて臨死体験をしたといわれている。

加藤茶の臨死体験

加藤茶は病気を患って昏睡状態だった時に、河原にいて周囲には石が積まれている夢をみた。

芸能レポーターの前田忠明

芸能レポーターの前田忠明は自宅で心筋梗塞で倒れた事があった。その時に突然まぶしい光が見え、それに向かって自分が進んでいき、光に包まれていくにつれなんともいえない幸福感を味わったと言われている。

いかがでしたでしょうか。芸能人にまつわる都市伝説の紹介でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です