【旅客機が撃墜?】マレーシア航空機がウクライナで墜落。死者295名|ニュース都市伝説

都市伝説なニュースを紹介する「ニュース都市伝説」。

ウクライナで17日に起きたマレーシア航空アムステルダム発クアラルンプール行きボーイング777がウクライナのドネツク近郊で墜落した事件。マレーシア航空機は墜落したのではなく、追撃されたというニュースが報道された。

なぜ、マレーシア航空機は追撃された?

実は今回のマレーシア航空機の墜落事件が起こったウクライナドネツク近郊は現在ウクライナ政府軍と親ロシア派武装集団との戦闘が起こっている地域であった。通常、戦闘状態にある地域の上空は飛行を避けるのだが、今回マレーシア航空機はウクライナ上空を飛行していた。ウクライナ当局からの情報では地対空ミサイルの発射があったという事。

しかも、事故調査を行なったところ、墜落したマレーシア航空機は通常の墜落ではなく、上空で爆発した形跡がある事も判明している。

墜落事故は通常、機体が固まって事故現場に残るのだが、今回の墜落現場には機体の破片が小麦畑に散乱していたという。これは、上空で爆発をお越し、破片が四方八方へ散らばって落下した事を示している。

上空で何らかのトラブルがあったのか、はたまたウクライナ政府軍によって追撃されたのか。その真相は未だにわかっていない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です