猿夢の都市伝説

猿夢とは夢にまつわる都市伝説である。遊園地にあるような猿の電車に乗り、奇怪な現象を目撃するのだが、その内容とは・・・。

猿夢の都市伝説

私は夢の中で自分が夢を見ていると自覚できるタイプの人間である。時々夢を見ている時にそれが夢である事に気がつくと好き勝手できたし、自由に夢からさめる事も可能だった。

ある日見た夢も自分で夢だと気がつくタイプの夢だった。私は薄気味悪く、今まで言った事のない駅にいた。駅で待っていると電車が来た。アナウンスも薄気味悪く、「まもなく電車が参ります。お猿の電車に乗ると怖い目に遭いますよ〜」という謎のアナウンス。

そして、ホームに入ってきたのは見慣れた電車ではなく、遊園地にあるようなお猿の電車だった。そこで私はどうせ夢なんだから乗ってみるかと、アナウンスの内容が気になりながらもお猿の電車に乗る事にした。

最後尾に乗った私の他に車両には一列に男女がきちっと座っていた。私は最後尾から3番目の空席を見つけそこに座った。社内には生暖かい空気が流れていて、本当にこれは夢かと思うほど気持ち悪い感覚がした。そして「まもなく電車が出発します」というアナウンスが聞こえ、電車は出発した。

私は気づいていた、この夢のお猿の電車は私が幼いころに乗った遊園地のお猿の電車である。初戦は夢、私の記憶を結びつけているだけなのである。

やがて、お猿の電車はトンネルに入り、「まもなく活け造り〜活け造り〜」という意味不明なアナウンスが流れた。

トンネルの中では車内が薄暗くなっていたが、私は見てしまった。最後尾に座るオジサンに黒い小人のような影がまとわりつきナイフで体を切り刻まれている。

一瞬、何がなんだかわからなかったが、周りの乗客は平然としている。そして男は悲鳴を上げながら切り刻まれて行く、そして小人は男を容赦なく切り刻み内蔵をぼたぼたと床に落とした。私はそれを見て思わず吐きそうになったがすんでのところでこらえた。

車内の乗客は何事も無かったかのように平然と座っている。まるでオジサンがそこにいないかのように。

そして、気づいた時にはオジサンが座っていた席には赤黒い肉の塊の様なものが残っているだけで小人は姿を消していた。

あまりに衝撃的な展開に私は驚いていた。こんな夢を見ているなんて、疲れているんだろうか・・・。しかし、そこで私は悪い好奇心を覚えてしまった。このままどこまで自分は夢の恐怖に絶えられるのだろうか・・・・。

トンネルを抜け、田園風景の広がるどこか知らない場所を電車は走って行く。そして、またアナウンスが「次はえぐり出し〜えぐり出し〜」。

アナウンスの直後に私のすぐとなりに座っていた女性のもとへ黒い小人が現れ、スプーンの様なもので女性の眼球をえぐり出した。

隣に座っている私の鼓膜を破るくらい激しい叫び声を上げるも、小人は作業を止めず、彼女の眼球は床に転げ落ちた。となりから血なまぐさい匂いがただよい、私はがたがた震えていた。この夢はきつい・・・。そして、この次は順番的に私が当たる番だった。

目覚めよう。私は思った。

「めざめろめざめろめざめろ!」

心の中で叫んだが、いっこうに夢から抜け出せない。今までそんな経験は無かった。目覚めたいと思うだけで夢からさめられたのに。どうして・・・!?焦っている私の頭上からあの忌々しいアナウンスが聞こえた。

「次はミンチ〜ミンチ〜」
大体、ミンチというその言葉で何が起こるのかは想像がついた。私は念じ続けた。

「めざめろめざめろめざめろ!」

ウィィィィィイイイン!機械音がして、私のところに誰かが来る気配がした私は思わず目を瞑り、「めざめろめざめろめざめろ!」念じつづけた。しかし、夢は覚めない。

うっすら目を開けるとそこには例の小人が銀色で得体の知れない刃が回っている機械を私に近づけてきている。ウィィィィィイイイン! 機械が顔に迫り、風圧を感じる。

もうダメだ!頼む覚めてくれ!

そう思った瞬間目が覚めた。私は汗ダラダラで心臓は今にも破裂しそうな勢いで鼓動していた。台所にいって水を飲み、さっきの夢のリアルさはなんだったのだろうか。もし、あそこで目をさまさなかったらどうなっていたのか、思わず考えてしまった。

ここで終われば、ただの奇妙な夢という話で片付けられるのである。

5年後、夢の事など忘れかけていた時だった。私は眠りにつくと、すぐに夢をみた。

夢の中で突然声が聞こえる「えぐり出し〜えぐり出し〜」。最初はわからなかったが、すぐに昔見た夢だと気がついた。そして私は5年前と同じ猿の列車の後ろから3番目に座っているではないか。となりで女性の叫び声が聞こえた。そして、「次はミンチ〜、ミンチ〜」アナウンスがあった。ウィィィィィイイイン!

過去、夢で見た内容が現実とシンクロするデジャブという都市伝説があるが、夢の中で過去、夢で見た内容が現実とシンクロするなんて事があり得るのだろうか。

「めざめろめざめろめざめろ!」

また前回と同じ寸でのところで私は目をさます事ができた。

しかし、私は聞いてしまった夢から覚める瞬間。「あれ?また逃げるんですか?・・・次は、逃がしませんからね・・・。」アナウンスの不気味な声は今でも頭の中に残っている。もし、私が就寝中に死んだら、それは夢の中でミンチになったという事だと思ってほしい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です