Appleのロゴに隠された都市伝説に迫る

世界的に超有名企業となったApple。スティーブジョブスという1人の天才が生み出した企業は家庭用PCから現在ではスマートフォンを一般に普及させ、人類の生活に常にイノベーションを提供し続けてきた。

Appleが使っているロゴは非常にシンプルなロゴである。

Apple社ロゴ

リンゴがかじられたデザイン。これがAppleのロゴである。非常に覚えやすく、スティーブジョブスの信念とも言えるシンプルさ表しているようなロゴデザインである。

このAppleのロゴに深〜い意味が隠されていると知っている人は少ないはずである。

まず、なぜリンゴなのか。じつはこのリンゴ旧約聖書『創世記』に出てくる「知恵の実」を表している。人類は知恵の実をかじってしまった為、知恵をつけ罪を負う事になるのだが、このAppleのリンゴはまさにそれであり、家庭用PCを普及させる事は人類に膨大な世界中の情報に触れるチャンスを与えた。まさに知恵の実の様な商品であった。

そして、スマートフォンは場所に関係なく情報jに触れられる生活スタイルを生んだ。これも知恵の実のように人類に情報と知恵を爆発的速度で与えるツールに他ならないのである。

そして、かじられた後は単に知恵の実をかじるという意味だけではなく、パソコン用語の”バイト”とかじるといういみの”バイト”をかけているのだと言う。自分たちはIT分野でイノベーションを追求するという思いからこのデザインになったのだそうだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です