蛾人間モスマン「モスマンの呪い」|UMA

モスマンモスマンとは人のような形をした全長2mの謎の生物でありUMAの一種と言われている。

モスマンは全身を灰色の毛で覆われており、腕はあるという都市伝説と腕の代わりに大きな翼が生えているという都市伝説の2つに別れている。

モスマンの特徴は「キィキイ」という奇怪な鳴き声を発して、車よりも早いスピードで移動する事である。最初の目撃例は1966年、アメリカ、ウエストバージニア州ポイント・プレザントのオハイオ渓谷という所での目撃例である。

UFOが目撃され始めた年代とモスマンの目撃され始めた年代が近い事から一部の都市伝説テラーはモスマンは宇宙人のペットと説明する者もいる。

モスマンを見てしまった人は不審な死を遂げるケースが多い為、「モスマンの呪い」と言われ、モスマンを目撃する事自体が恐れられていたという。

モスマン発祥の地であるウエストバージニア州ポイント・プレザントのオハイオ渓谷ではモスマンがUFOに向かって飛んで行ったという都市伝説も存在する。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です