チュパカブラ(Chupacabra)の正体

チュパカブラ

チュパカブラ(Chupacabra)とは南米を中心に目的されるUMAである。チュパカブラは夜間に目撃例が多く、家畜。時には人間を襲うという目撃例がある。チュパカブラに襲われた家畜が血を吸われているケースがが多い。チュパカブラの名前の由来はスペイン語で「ヤギの血を吸う者」である。

チュパカブラの最初の目撃例は1995年2月までさかのぼる。目撃された場所はプエルトリコであった。その後、メキシコ、アルゼンチン、アメリカとチュパカブラの目撃例が多発する事になる。被害件数は1000件以上を超えているという都市伝説もある。

チュパカブラの容姿は体調が1mから1.5mと小柄な二足歩行の動物であり、毛は無く、背中にとげのようなものが付いている。

チュパカブラの大きな特徴の一つは驚異的なジャンプ力である。1回のジャンプで2mから5mも跳躍して、ターゲットに飛びつくという。そして、鋭い牙で獲物に噛みつき、血を吸って殺してしまうというのである。

チュパカブラが長い下を使って獲物の血を吸い出していたという目撃情報もある。

チュパカブラの正体は毛の抜けたコヨーテ(突然変異などの個体)であるという都市伝説もあり、実際の目撃例でもコヨーテを見間違えた例は多いそうだ。夜行性のコヨーテはチュパカブラの性質と合致する。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です