メン・イン・ブラックの都市伝説

メン・イン・ブラックというとアメリカのコメディSF映画を思い浮かべる人がほとんどかもしれない。しかし、このメン・イン・ブラックというのは歴史あるアメリカの都市伝説なのである。

メン・イン・ブラックはUFOを初めとするアメリカの国家機密に近づいた人物の前に現れる謎の人物である。彼らは黒いスーツにサングラスという黒ずくめの格好で現れるため、メン・イン・ブラックと呼ばれている。

1953年、UFOの正体に迫っていた、アルバート・K・ベンダー氏が「私は空飛ぶ円盤の背後にある秘密を知ったが、そのために黒い背広と帽子の3人の男たちから『これ以上円盤のことを書くな』と脅された」と主張し、団体を解散した。」と発言した事でメン・イン・ブラックの存在が公に認知されるようになったという。

「UFOや未確認生物の事について言及しないように」という警告から始まるメン・イン・ブラックの仕事は時には重要人物の暗殺にまで至ることがあるという。

UFOなどの情報に迫ったジャーナリストが不審死を遂げる事件が時々あるが、彼らの死の真相にはメン・イン・ブラックの影がちらついている。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です