下水道の巨大ワニ

市街地の下水道にはワニが生息している事があるという話。そのワニは外的のいない環境と人間から垂れ流される栄養分によって巨大化している。そして、何代にも渡って、暗い地下で生きていた事によって、色素がなくなり真っ白で視力も失っているという。

暗い下水道の中を歩いていると、前から巨大な白いワニが襲ってくると考えると恐怖である。

アメリカの人類学者、ローレン・コールマン氏の研究が都市伝説の発端となったと言われている。

ローレン・コールマン氏の研究によれば、アメリカ合衆国の70以上の場所で通常ありえない、ワニの目撃例があるという。

下水道に巨大ワニが生息しているという都市伝説は映画や小説、ゲームなどの題材とされる事もあり、有名どころでは日本のゲームソフト、バイオハザードにて下水道の巨大ワニと戦闘するシーンがある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です