DNAが遠いカップルほど、美男美女の子供が生まれやすい。

DNA

最近は芸能人にもハーフの方が多いように思う。ハーフ=美形というのが一般的なイメージになっているかもしれない。

・ローラ

・豊田エリー

・加藤ローサ

・木村カエラ

・滝川クリステル

・黒木メイサ

・秋元才加

などなど、挙げて行ったらきりがないくらいにハーフの芸能人は流行っている。

実はハーフ=美形というのには遺伝子学的に理由があったのである。

DNAが遠いカップルほど、美形の子供が生まれやすいという都市伝説である。人間の遺伝子は子孫反映の為に離れた遺伝子同士を組み合わせるのが良いとインプットされているのである。なぜなら人間の進化の中でゆっくり構築されていった病気への免疫力や身体的な優位性を保存するために離れた遺伝子は有効であるからだ。

なので、離れた遺伝子同士の子供は良い遺伝子を持っている事になりDNAはその子供の容姿を魅力的な容姿に見せるのだと言う。

あたかも遺伝子になんらかの意志があるかのように。。。

ちなみに一方が平均的で一方が不細工なカップルにも美形が生まれるという都市伝説が存在している。美形が優秀な遺伝子説とは真逆になるが、これも人類に取ってはいいことなのかもしれない。そしてあまり美形ではない私に取ってはこっちの都市伝説の方が希望をもらえるのも言うまでもない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です