怪談話のルーツ|怖い話都市伝説

怖い話都市伝説   日本には都市伝説や怪談話がたくさんある。こんなに怖い話が好きな国は世界的にも稀であろう。それはジャパニーズホラーが発展した背景でもあるのだが、実は日本で怪談話や都市伝説がブームになったのには訳がある。 日本の怖い都市伝説、「口裂け女」や「赤いちゃんちゃんこ」、「トイレの花子さん」、「テケテケ」などの話がブームになったのは鮮度である。なぜ戦後なのか。実はこれらの怖い都市伝説を生んだのはアメリカのCIAだったのである。CIAは日本が戦後ものすごい勢いで復興をとげ、先進国へ近づいている様を見て、ある事に着目した。それは日本人の情報伝達能力の高さである。今でこそインターネットによって情報の伝播はものすごいスピードになったが戦後間もない頃は人づたいにしか情報は伝播しなかった。この情報伝達の早さが国力に影響を及ぼすとCIAは考えたのだった。 そして、日本の情報伝達の早さを計る為にCIAはサンプルの子供たちにいくつかの都市伝説を教えた。それが前述した「口裂け女」や「赤いちゃんちゃんこ」、「トイレの花子さん」、「テケテケ」などの都市伝説なのだ。 結果として、ある1地点で広がったうわさ話は数ヶ月で日本全国に飛び火する事がわかった。日本国内では社会問題となるほど、都市伝説は大々的に全国民が知る情報となったのである。 誰もそれがCIAの実験だったとは知る事もなく。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です