スピルバーグ監督と宇宙人の都市伝説

宇宙人都市伝説

アメリカの映画監督、スティーブン・スピルバーグと言えば、「未知との遭遇」、「ET」などで有名だが、彼はアメリカという巨大国家の戦略で宇宙人を実際に面会した事のある唯一の一般人だという都市伝説がある。

実はアメリカ大統領になるとアメリカが握っている宇宙人の情報を知る事になり、実際に宇宙人と面会する事ができるという。しかし、副大統領までは政治に携わっていてもアメリカの宇宙に関する国家機密に触れる事はできないらしい。ましてやアメリカの一般国民は宇宙に関する一切の情報に触れる事はできないだろう。

しかし、一人だけ、過去に宇宙人の情報を開示された一般国民がいた。それがスティーブンスピルバーグ監督なのである。

なぜ、スピルバーグだけが宇宙人の情報を公開してもらえたのか。それはアメリカが映画大国であるからである。ハリウッド映画は文化としてアメリカに根付いている。アメリカはそこに目を付けたのである。

スティーブン・スピルバーグの代表作、「未知との遭遇」では映画史上初めて、リトルグレイという宇宙人が登場した。それまでの宇宙人とはタコやイカのような形をした生物であった。宇宙の生物など誰も想像が付かなかったので奇怪な形になっていたのだ。しかし、スピルバーグによってリトルグレイが描かれてからは一般的な宇宙人の形と言えばリトルグレイとなり、リトルグレイの目撃談なども報告されるようになった。

アメリカは国民に映画を通して、宇宙人の形を刷り込ませたのである。

そして、次にスピルバーグが描いたのは友好的な宇宙人。そう、「ET」である。宇宙人は得体の知れないもの、外部からくる敵という印象を取り除き、友好的な存在として位置づけるためにアメリカはスピルバーグへ友好的な宇宙人像を描くように指示を出したのである。

アメリカはこのように映画を通して、国民へ少しずつ宇宙人の存在を刷り込ませて行き、いつかくるであろう宇宙人の情報開示の際に国民がショックを受けないように下地を作り上げているのである。近い将来、アメリカは宇宙人の存在を公開するという都市伝説もある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です