きさらぎ駅の都市伝説

きさらぎ駅

きさらぎ駅の都市伝説とは2chを発祥とする都市伝説であり、一般の女性が全く知らない駅で途中下車し、降りた駅の外には奇妙な世界が広がっているという概要の都市伝説である。

2004年1月8日23時14分ごろ、きさらぎ駅の物語ははじまった。

コードネーム「はすみ(葉純) ◆KkRQjKFCDs」さんが静岡県浜松市に実在する新浜松駅(遠州鉄道)から23時40分の電車に乗車した。通常であれば、数十分で自宅のある駅まで付くはずなのであるが、彼女は20分以上電車に乗っても目的の駅につかなかった。

電車は何事も無かったかのように入り続けるが、周囲の乗客はなぜか全員寝ているという奇怪な状況でアナウンスされる駅名も聞いた事が無いものばかりだった。

この異常な状況から逃げるようにはすみさんは途中の駅で下車する。その駅には「きさらぎ駅」という名前が書かれていた。きさらぎ駅などという名前の駅は日本には存在しない。

はすみさんはタクシーを拾おうと駅の外にでたが、周りは田園風景が広がり、タクシーなどは一切泊まっていなかった。しかもタクシーはおろか公衆電話なども周りには無かったという。彼女はタクシーでの帰宅をあきらめて、線路にそって歩いて帰る事を決意した。

途中、線路を歩いているとどこか遠くから深夜にも関わらず、祭り囃子のような太鼓と鈴の音が聞こえてきたという。

さらにあるいていると、そこにはトンネルが現れ、「伊佐貫」という名前が記載されていたという。その間、継続して2chに報告を入れていたはすみさんの更新は途絶えてしまい、きさらぎ駅の話は都市伝説化してしまった。

7年後の2011年にきさらぎ駅のはすみさんからとある都市伝説サイトにコメントがあったそうだが、彼女本人かどうかはわからない。

きさらぎ駅の都市伝説は謎が多い。しかも2chの話であるので、「釣りなのでは」という意見も多く、真偽の判断が難しい都市伝説でもある。しかし、はすみさんの報告が本当だという前提で考えると彼女は帰宅時の電車の中で知らず知らずの間に別の空間に飛ばされてしまった可能性がある。それはパラレルワールドのように現実世界と酷似しつつもどこかがズレている世界。

別の空間への出入り口は意外に身近なところに存在していて、ふとした瞬間にハマってしまうのかもしれない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です