クリスマスツリーの都市伝説|クリスマス都市伝説

クリスマスツリーの都市伝説

クリスマスには書く事のできない存在がクリスマスツリーである。クリスマスツリーの発祥はなんなのか。実はクリスマスツリーには隠された怖い都市伝説が存在していた。

何百年も昔の話。人々にとって光はとても大切な存在だった。電気が無い時代は夜が長くなる。今では考えられないかもしれないが、夜行性で肉食の野生動物は人間に取って天敵であって、その動物たちが行動する時間が伸びる事はイコール死のリスクが高くなるという事だったのである。

その時代で生活する人に取って、冬の到来は恐怖であった。1年で日照時間が最も短くなる期間がある為である。人々は森の精霊たちに祈りを捧げ、光の力を熱望する気持ちのあまりある儀式を始めた。

大きなモミの木に、生け贄となる幼い子供をつるし上げて木を丸ごと燃やしてしまうのである。

この儀式がのちのクリスマス・ツリーの起源となったのはあまり知られていない。クリスマスツリーのライトや人形が意味するものは・・・。考えただけで恐ろしい話である。➡クリスマスの都市伝説を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です