アインシュタインの予言|怖い話都市伝説

アインシュタイン都市伝説   相対性理論で有名な天才物理学者アインシュタインの都市伝説をご紹介。 彼は物理学者として相対性理論を生んだ事で有名だが、彼の予言は宇宙や物理学に関する事ではない。それは自然科学に関する話である。アインシュタインの都市伝説 「もしハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上は生きられない。ハチがいなくなると、受粉ができなくなり、そして植物がいなくなり、そして人間がいなくなる」 ハチは花粉の受粉に無くてはならない存在であり、ハチの働きが無ければ植物は育たない。食物連鎖で必要不可欠なハチがいなくなってしまうと動物はおろか食物連鎖の中にいる人類は4年も生きられないという都市伝説的なアインシュタインの予言である。 ハチが居なくなるなんて考えられないかもしれない。日本でもいたるところにハチは居るからだ。しかし、気になるニュースが2006年世界をにぎわせた。 養蜂場で180億匹ものミツバチが突然消えてしまった事件があったのだ。この現象は蜂群崩壊症候群(CCD)と呼ばれる現象で近年、全世界で頻発しているのだそうだ。 日本でも、山形県、栃木県、静岡県、岡山県、鹿児島県など21都県で同じ現象が起きている事が農林水産省によって確認されている。 アインシュタインの物理学といえば、当時の物理学会でも理解できる人がいないほど、ぶっ飛んだものだった。もしかしたら、アインシュタインは未来を予言できる力を持っていたのかもしれない。 そして、近い将来ハチがいなくなってしまったら。。。。考えるだけで怖い都市伝説である。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です