閉園後帰らなかったら?|ディズニー都市伝説

ディズニー都市伝説

ディズニーランドに行った時、帰りたくなくなってしまう経験をした人は少なくないだろう。しかし、ディズニーランドといえどもテーマパークであるので閉園の時間を迎え、夜になれば帰らなくてはならなくなる。それでは、ディズニーランドの閉園後に帰らなかったらどうなってしまうのだろうか?

時空のはざまへ閉じ込められる

ある都市伝説ではディズニーランドに閉園後も居続けたら、時空の狭間に閉じ込められてしまうという。夢の国ディズニーランドは昼間の明るい時間でさえ、現実社会とは別世界という印象をゲストに与えてくれる。それが深夜、すべてのアトラクションが止まった状態となれば夢を超えて時空のはざまへ閉じ込められるといわれても不思議ではない。

謎のキャストが探しにくる

ディズニーランドの閉園後も居続けたとき、ベンチの下に隠れていた人がいたそうだ。するとどこからかキャストの足音がする。そして、キャストは甲高い声でこういった。

「ハハっ!なんで人の気配がするのかな!?もうゲストはいないのに!」

閉園後もディズニーランド園内にいる人はもはやゲストではないのだ。そしてこの甲高いしゃべり方のキャストとは・・・。>>ディズニーの都市伝説をもっと見る!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です