日航機墜落事件と東京ディズニーランド|東京ディズニーランド都市伝説

日航機墜落ディズニーランド

ディズニーランドには9つのスクリーンがあるアトラクションがある。そのアトラクションで1987年に起こったといわれている都市伝説。そのアトラクションはその日も大盛況。何人ものゲストが9つのスクリーンに釘付けになっていた。そのとき、突如、9つのスクリーンすべてがものすごい光を放ち、轟音が聞こえたという。

そのアトラクションで放映されている内容に眩しい閃光や轟音などという効果はなかったという。何の脈絡もなく、突如としてものすごい光に場内が包まれ、観客たちは唖然としてしまったそうだ。

その光はまさに何かが爆発したような光景だったという。その日は1987年8月12日。

時を同じくして、日本航空史上最悪の事件が起こっていた。日航機墜落事件(『日航機墜落事故』『日航ジャンボ機墜落事故』と呼ばれることもある。)である。

歌手の坂本九さんも登場して事故死した事から当時日航機墜落事件はものすごい話題になった。ディズニーとの因果関係はまったくの謎であるが当時起きたとされるディズニーランドの不可解な現象として有名な話である。>>ディズニーの都市伝説をもっと見る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です