となりのトトロと狭山事件

となりのトトロ

となりのトトロの都市伝説として、さつきとメイの影が消えているという話を紹介したが、トトロにはこの他にも都市伝説が存在する。それが狭山事件という過去、日本であった事件をモデルにしたのではないかという都市伝説だ。

狭山事件とは

1963年、埼玉県狭山市で起こった少女の誘拐事件である。狭山事件の被害者になった少女は殺されてしまう。そして彼女の姉は錯乱状態となり、妹を探しにいったが、彼女も加害者によって殺害されてしまう。姉が生前に口にしていた言葉に「ねこのお化けをみた」、「大きな狸にあった」などがある。これらの言葉はとなりのトトロの猫バスや、トトロを連想させる。

狭山事件ととなりのトトロの共通点

・場所が埼玉県狭山市周辺

・妹が行方不明になる

・猫のお化け=猫バス、大きな狸=トトロ

・狭山事件の現場近くにあった病院=八国山病院。となりのトトロ=七国山病院。

ジブリ側は否定している

この都市伝説に関してジブリ側は否定している。子供向けの映画に実際にあった事件をモデルにした脚本を書くなど、確かにありえない。ただ、気になるのはたまたま偶然でこんなに共通点が生まれるものなのだろうか?真相は謎に包まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です